効果と負荷の関係

フィットネスクラブで筋トレを考えているときには、どうしても効果が上がらなくなってきていると思う時が来ます。これは筋肉が成長したことに原因があるのに気が付かなければいけません。限界に対してどれぐらいの割合で負荷を掛けるのかが重要になってきます。筋肉を成長させて肥大させたいのであれば、70%~80%の負荷を掛ける必要が出てきますが、成長したことに気が付かないと、負荷が下がってしまうため、効果が上がりにくいと感じるのです。筋肉の維持には効果があっても、成長には効果のない筋トレになってしまっています。

トレーナーに相談フィットネスクラブでは、さまざまな機器がありますが、一定期間ごとに負荷を見なおしていかなければいけないでしょう。目的にあった回数で負荷を高めなければ、どうしても効果が上がらなくなります。スロートレーニングをするだけでもかなり違いになっていきますが、曲げる角度を深くするといった工夫も必要です。これも機器の使い方のひとつで、筋トレとして筋肉に厳しい状況を作りトレーニングをしていくことが重要です。自分で解決できなくなってきているときには、トレーナーに相談してみるのも方法といえます。自分だけではどうしても陥る罠もありますので、うまく活用するといいでしょう。