効果と負荷の関係

フィットネスクラブで筋トレを考えているときには、どうしても効果が上がらなくなってきていると思う時が来ます。これは筋肉が成長したことに原因があるのに気が付かなければいけません。限界に対してどれぐらいの割合で負荷を掛けるのかが重要になってきます。筋肉を成長させて肥大させたいのであれば、70%~80%の負荷を掛ける必要が出てきますが、成長したことに気が付かないと、負荷が下がってしまうため、効果が上がりにくいと感じるのです。筋肉の維持には効果があっても、成長には効果のない筋トレになってしまっています。

トレーナーに相談フィットネスクラブでは、さまざまな機器がありますが、一定期間ごとに負荷を見なおしていかなければいけないでしょう。目的にあった回数で負荷を高めなければ、どうしても効果が上がらなくなります。スロートレーニングをするだけでもかなり違いになっていきますが、曲げる角度を深くするといった工夫も必要です。これも機器の使い方のひとつで、筋トレとして筋肉に厳しい状況を作りトレーニングをしていくことが重要です。自分で解決できなくなってきているときには、トレーナーに相談してみるのも方法といえます。自分だけではどうしても陥る罠もありますので、うまく活用するといいでしょう。

スロートレーニング

筋トレで大きな勘違いをしてしまうのが、筋肉を大きくしたいと思って回数を考えることです。単純に回数を増やせばいいのかといえば、これは異なります。フィットネスクラブでも勘違いしていることがありますが、せっかくの機材を使うのですから、もっと効率的に進める方がいいでしょう。そのポイントになるのが、1回あたりの時間にあります。

筋トレ負荷を限界に対して70%~80%にしたとしても、スピードを早くして効果が出るトレーニングもあれば、ゆっくりとおこなったほうが良いものもあります。特に筋トレで考えれば、ゆっくりとした動きで1回の動作に時間を掛けるのが重要になってくるでしょう。スロートレーニングとも言われますが、大きな負荷がかかるようになり、目的としている部位に対して負荷も掛けやすくなっていきます。

パワーをつけたいというのであれば、負荷は高くして回数は減らすトレーニングが必要になってくるでしょう。逆にダイエット目的であれば、ゆっくりと回数が続けられるように負荷を下げて設定することも必要になってきます。フィットネスジムであれば、トレーナーがついていますので、こうした質問もしながら、効率的な筋トレをしていければ、目的を達成できるでしょう。

筋トレを効果的に

筋肉量を増やしたいと思うときはいろいろとあるでしょう。ダイエットを考えて、筋トレをして脂肪を落としたいというときもあるはずです。効果的な方法ですが、自分で考えているだけでは、筋肉は増えていきません。いろいろと重要なポイントがありますが、フィットネスクラブであれば、多くの選択肢が生まれてきます。順番も考えることができますし、機材も有効に使えるでしょう。トレーナーに意見を求めることによっても変化をつけられるようになってきます。

筋トレ筋トレも一定の時間を超えれば、なかなか効果をあげられなくなっていくのが問題です。効率の良いトレーニングを考えていかなければいけませんし、自分の目的は何かを考えていく必要もあるでしょう。実際に筋トレは目的によって回数が変わってきます。どの程度の負荷を掛けるのかという部分を考えていかなければいけません。筋肉を肥大化させるというところでは、1回で限界となってしまうところの70%~80%の負荷が効率的ともいわれています。重くしていくと筋トレとしてはパワーをつけるようになりますし、軽くしていけば持久力を高める内容となるでしょう。こうした知識も持っていなければ、筋トレも思っているようにうまくいかなくなってしまいます。特にアスリートとして考えるのであれば、フィットネスクラブでしっかりとしたトレーナーにつくことも必要になるでしょう。

筋トレをするというときには、効率的に進めていくのが重要になりますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。